平素より関西大学体育会フェンシング部の活動にご支援・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

2016年の監督就任以降、特に力を入れて取り組んでいることが3点あります。

1点目は入り口、新入部員の勧誘活動です。
外向きには「少数精鋭」と謳っていますが、強がりです。本音は1人でも多くの仲間を欲しています。
スポーツ入試だけでなく、AO入試や指定校推薦、一般入試なども含め、多くの高校生フェンサーに関大フェンシング部を認知、そして受験へ繋げてもらえるよう、各地の大会へ出掛け、高校の先生方にお声掛けをさせていただいています。

2点目は継続したトレーニングです。
人数が多くないために、多くの選手が複数種目を兼任しており、必然的に各種目の練習時間が少なくなってしまいます。
少ない時間で効果を高めるために、大学のトレーナー指導によるフェンシングに適した部位の筋トレを実施しています。それぞれ効果を理解しながら取り組むことで競技に必要なベースを作り、実践に繋がるようにしております。

3点目は出口、卒業後の進路です。
多くのフェンサーにとって、大学時代は競技と真剣に向き合える最後の時間です。入学時より自分の将来をイメージし、卒業後に希望の職種に就いてもらえるよう、フェンシング部独自の取組みとして「就職活動支援サービス会社」と契約。大学卒業後の長い人生を見据え、しっかりサポートできる体制を整えております。

関大フェンシング部には過度な上下関係はなく、互いを尊敬しあい助言しあえる風通しの良いチームです。常にチームワークを重視しながら関西・全国で上位争いをしていける強いチームを目指し努力をしております。

関西大学体育会フェンシング部
監督 粂井 章宏