体育会フェンシング部 活動再開にあたって

監督から学生に向けてのメッセージを掲載します。

新型コロナウイルスの蔓延により、新しい生活様式が求められるようになりました。
日常生活において、手指のアルコール消毒、うがい、マスク着用は最低限の社会のルールとなっています。

活動再開にあたり、大学からの通達にあった事項をしっかり守り、感染拡大防止に務めることを自覚して行動してください。
自分自身が感染しているかもしれない、保菌者かもしれないということを大前提として決められたルール・マナーを守った、責任を持った行動が必要です。

他大学では活動再開の見込みもたっていない状況であり、他大学に先駆けて活動再開するこということで、多くの関係者から注目されています。
先を歩く者の責任としてクラスターを発生させることはあってはなりません。
報道等でご存知の通り、新型コロナウイルスの恐ろしいところは感染者が無症状であっても周囲に感染させる力を持っていることです。よって、感染してしまう可能性は誰にでもあり、不可抗力です。やれるべき感染防止対策を実施したうえで感染してしまった場合は仕方ありません。大切なことは、それ以上の感染拡大を防止することです。

これまでと違い、様々な面倒が多くありますが、皆さんで力を合わせて頑張っていきましょう。

徹底事項

体調管理の徹底毎日の検温を実施すること。軽度であっても発熱・咳・咽頭痛などの症状があるもの、体調不良者は参加しないこと
衛生管理の徹底手指のアルコール消毒、咳エチケット、移動時のマスク着用
室内環境の管理3蜜回避を徹底し、室内換気、ソーシャルディスタンスの確保、施設使用後の使用備品の消毒の徹底を図ること

当面の間は誰もが未経験の社会情勢が続いていきます。現時点で考えられる感染防止対策は必ず実施してください。想定外のことが発生したら迅速に報告してください。その都度対応策を指示します。

2020年6月13日

関西大学体育会フェンシング部
監督 粂井章宏

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です