平成30年度 関西大学体育OB・OG会 総会・表彰式・懇親会

本日,標記式典がありました。フェンシング部からは,昭和46年卒,萩原幸平さんが「貢献賞」を受賞されました。

貢献内容:昭和44年,3回生で第19回全日本学生フェンシング個人選手権エペ優勝。4回生時には関西学生フェンシング選手権総合8連覇を達成。卒業後はコーチとして,卓越した技術を理論的にやさしく指導されていました。現在も練習・合宿・試合に足を運び,現役生を激励されています。OB・OG会活動にも積極的に参加され物心両面で貢献されています。

 

以下藤田会長からの投稿です。

萩原幸平氏 1971(昭和46年)卆業  175㎝ 関大一高~関大

 1969(昭和44)年 3回生で全日本学生選手権エペ優勝,4回生で関西学生フェンシング選手権8連覇を達成。

 3回生でのインカレは並み居る強豪を退けての優勝は本人もびっくりしたようだ。カンカレで熊野(関大3回生)が優勝,2位が萩原。関大4回生の樋上や前年優勝の伊藤(青学),関東1位川津(法政)など強豪を抑えての優勝は価値が有った。

 萩原は温厚な性格でプレースタイルも同じ,オーソドックスでゆったりとした構え,フォームもきれい。アタックは鋭くなく,威圧感のそれ程ない。いつの間にか得点を取っている。剣のポイントは常に相手の胸を覗いている。

 腕も最短距離で伸びる。サーと間合いを詰め,ゆっくりとファント。チェンジオブペースが絶妙。相手はタイミングが合わない。萩原の最大の武器,身長の割に手が長く間合いを取るのが上手い。守りは得意ではないが間合いを取れているので相手の剣が届かない事が多い。リポストは背中に打てる。(フルーレも強い) 元々,右利きを左直した為、プレースタイルに影響したか?

 同学年は7名で関西リーグ8連覇を成し遂げた。この学年については別の機会に投稿する。今年3月勤務先を役職定年になり,今後は今まで以上にクラブに顔を見せると期待できる。

 現コーチ 萩原千也氏は彼の弟になる。

平成31年4月  藤田(昭和43年卆)

インカレエペ 決勝リーグ成績

優勝 萩原(関大)4勝1敗 2位 佐藤(学習院) 3位 新井(日大) 4位 大沢(専大) 5位 丹羽(早大) 6位 戸塚(東北学院)

**************************************************************

その他,応援団,体育会本部,関大スポーツ編集局,学生トレーナー部への感謝状贈呈や,応援団の演舞などがあり,みなさん懇親をふかめました。

2019.03.24

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です